記憶って面白い。Monoxer(モノグサ)は、「記憶のインフラ」を 世界に届けるための仲間を募集します。

Challenging Unknown Territory

Universal Activities

Eliminate Restrictions on Intellectual Activities

Approaching Unexplored Areas with Software

Create a Positive Impact

Helping the World

Worthwhile for Everyone

Creating Change

Fundamentals of Thought

Support for People Taking on New Challenges

Customized Memory Method

Tracing a Life through Memory

Be Positive About Learning

The Endless Challenge

Expanding Human Potential

Remove Intellectual Barriers

共に、記憶という
未知の領域へ。

モノグサは、記憶という前例のないビジネス領域にチャレンジしています。
世界をめざして、共に挑戦してくれる仲間を募集しています。

Click The Cards Tap The Cards

Mission 記憶を日常に。

記憶は、私たち人類の知的活動の根幹を担うものです。

人が何かを認識する時や、判断する時。
新しいものを生み出す時や、誰かと交流する時も、
そこには自らの中に日々蓄積されてきた記憶という土台が必ず存在し、
大きな影響を与えています。

一方で「英単語の暗記」のように、記憶することは苦しい活動と捉えられてしまうことが多々あります。
その苦しさは、情報が記憶しやすい形に整理されていないことや、
記憶定着までの手法や管理が個人の感覚に任されていることに原因がある、
と私たちは考えます。

その結果、記憶を無意識に遠ざけるようになってしまい、
自らの可能性を形づくる土台をも狭めてしまっているのです。

もし、記憶がだれにでも、負荷なく自然に行える活動になったなら。
新しい言語を覚えて海外で働くことも、資格をとってなりたい職業に就くことも自由にできます。
週末の過ごし方や日常の何気ない会話にすら新たな広がりが生まれることでしょう。
つまり、人の生き方にさまざまな奥行きと選択肢を与えてくれるもの、
それが記憶なのです。

モノグサは、“記憶をもっと容易に、より日常にすること”を使命とします。
すべての人が自らの可能性を最大限に拡げることで、人生をより豊かに、実りあるものにするために。

Value

モノグサの
行動指針

人類への奉仕
・本質的インパクトに執着する
・全人類に届けるのを諦めない
・無意識のバイアスを自覚する
事業への
オーナーシップ
・皆が誰かのMonoxer代表
・Amazing Peopleと働く
・未体験への挑戦
プロフェッショナリズム
の体現
・細部にこだわる
・人に誇れる仕事をする
・自分の可能性を追求し続ける
モノグサで行こう
いつでもボードゲームで遊ぶ
余裕を持つ
Value
Service

Service

Monoxer

ようこそ、記憶の近道へ

Monoxerは、『記憶定着』をサポートする学習サービスです。
同じ授業を受けているはずなのに、
生徒によって結果に差が出るのはなぜでしょうか。

私たちは、授業で「わかった」ことを「できる」に変える力、
つまり『記憶定着』がその差を生んでしまっていると考えます。
しかし、記憶定着の方法は昔から変わっておらず、
かつ個人の自助努力に任せられています。

Monoxerは、一人ひとりにちょうどよいレベルの問題を、
ちょうどよいタイミングで、ちょうどよい量だけ出題。
どんな生徒でも、確実に記憶定着の状態まで到達することができます。
すべての生徒を「わかった」から「できる」へ

Member Inteviews

社員インタビュー

Member Inteviews
Board Member Interview
Culture

Culture

全員で挑む。全力で楽しむ。
原点は、モノグサであること。

開発優先度は職種横断で議論

01

開発優先度は職種横断で議論

Monoxer社は開発チームとビジネスチームの距離がとても近く、機能改善や新機能開発など、特にビジネスインパクトの大きい課題は全員で議論します。全員が納得できる折衷案を探すのではなく、本当に必要なものを見極めるような場です。

全社でOKRを運用

02

全社でOKRを運用

全社、チーム、個人それぞれのレベルでOKRを設定しています。基本的に個人のOKRは各々が考えるため、会社が目指す方向と自分の取り組むことのつながりを感じやすい形になっています。進捗は週次の1on1と全社OKRミーティングで確認、共有しています。

週1回以上のボードゲーム

03

週1回以上のボードゲーム

Monoxer社では営業時間内に唐突にボードゲームが始まリます。CEOが「やりませんか?皆さん今お忙しいですか?」とニコニコ提案するケースが多く、全員が自分の勝利を目指して毎回本気で戦っています。戦績も記録しており、戦績トップはCTOです。

ゆるく近況を話すおやつ会

04

ゆるく近況を話すおやつ会

飲み会がない代わりに、週1回30分程度みんなでおやつを食べながら近況報告をする時間があります。個人的なことから業務に関連することまで話したい人が話す形式で、子育て論からオフィス備品まで話題は様々です。会社的に嬉しいことがあるとおやつが豪華になることもあります。

福利厚生・社内制度

モノグサでは、社員ひとりひとりが未体験への挑戦を続けられるような環境をつくるべく、
様々な制度や福利厚生を用意しています。

  1. 休暇

    完全週休二日制、祝日・年末年始休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、介護休暇、ワクチン休暇がございます。

  2. 有給

    入社時に10日分付与され、その後毎年、勤続年数に応じた日数が付与されます。

  3. 各種保険完備

    雇用保険、労災保険、厚生年金保険、健康保険を完備しています。

  4. 通勤手当

    1か月分の公共交通機関利用の交通費を全額支給しています。

  5. フリードリンク

    お茶・水・コーヒー・牛乳・ヨーグルトなどを自由に飲食できます。ラインナップは社員のリクエストによって時々変わります。

  6. 書籍の購入補助
    技術書やビジネス書を購入する場合、会社が費用を補助します。
  7. 社外研修の参加補助

    社外のセミナーや研修に参加する場合、会社が費用を補助します。

  1. 働き方

    ビジネス・コーポレート職はコアタイム無しのフレックスタイム制(標準労働時間:8時間)、エンジニア・デザイナー職は1日8時間をみなし労働時間とする裁量労働制です。

  2. ストックオプション制度

    等級に応じて入社時または昇格時にストックオプションが付与されることがございます。

     

  3. リモートワークOK

    個人の裁量に合わせて適宜リモートワークの取得が可能です。チームによっては週1回の出社推奨日を設定している場合もございます。

  4. 副業OK

    個人の副業は可能です。業務内容の制限などは特にございません。

  5. 評価制度

    パフォーマンスに対する評価と、モノグサ社のバリューの体現度合いに対する価値観行動評価の2軸で評価を行っています。 半期ごと中間評価と期末評価を設けており、評価者からの一方的な評価で完結するのではなく、1on1での振り返りやサブ評価の仕組みの導入、評価のすり合わせ会議の実施等を行うことで、より個人の成長につながるフィードバックを行うようにしています。

  6. 給与制度

    モノグサでは職能型等級制度を取り入れており、個人のスキルに応じて等級が決定します。 等級ごとに給与レンジが定められており、そのレンジ内で年収の金額が決まります。 給与は年棒制で、年棒の12分の1を毎月支給致します。年2回の給与・等級見直しの機会が設定されています。

Growth

Growth

数字でみる
モノグサの成長

社員数と会社のあゆみ 社員数と会社のあゆみ

Monoxerを導入した
教室数

0 教室

Monoxerは、塾や学校などの教育機関に多数導入されています。Monoxerを導入することで、先生は生徒の学習状況を一括で管理しながら、一人一人にあった学習指導をすることができます。

ユーザーが学んだ
学習回数

0

ユーザーがMonoxerで問題を解いた回数です。教育のデジタル化が進む中で、Monoxerでの学習回数も増しています。

ユーザーが作成した
Book数

0

Monoxerには、ユーザーが教材を自由に作成できる「Book(問題集)」という機能があります。主に塾や学校の先生が活用しており、漢字や英語などの学習から教養を目的としたものまで、内容は様々です。

未知の領域がある。挑む仲間がいる。
またとない成長の機会が生まれる。

モノグサは、記憶という前例のないテーマに挑み、新たな価値を創造している会社です。
そのエネルギーの源は、世界中の人々の “記憶を日常に”したい、という想い。
未知の領域に挑戦し続けるモノグサだから、このメンバーだから得られる多くの学びと経験があります。

Monoxer Feature

01

可能性にみちた
ビジネス領域への挑戦

記憶というテーマはまさにブルーオーシャン、先駆者はなく、無限の可能性にみちています。私たちがその未来と可能性を開拓していくビジネスなのです。あなたもその一員として私たちの挑戦に参加しませんか?

Monoxer Feature

02

多様な人、
多彩な感性との出会い

チームメンバーはさまざまな分野で経験を積み、実績を出してきたプロフェッショナルたち。仕事を通して多様な視点や発想と出会うことで、あなた自身が大きく成長できる環境でもあります。

Monoxer Feature

03

情報は透明に、
扉はオープンに

モノグサの魅力のひとつが透明性。情報はつねにオープンで、興味があれば手を挙げるだけでプロジェクトの提案や推進に参加できます。年齢や性別、職種に関係なく、一人ひとりがモノグサ代表として自由に活躍していただけます。

Challenging Unknown Territory

Universal Activities

Eliminate Restrictions on Intellectual Activities

Approaching Unexplored Areas with Software

Create a Positive Impact

Helping the World

Entry

Entry

こちらから
ご応募ください

  1. フィールドセールス・事業開発(マネージャー候補)

    セールス組織の成長をより加速させていくために、戦略設計からメンバーマネジメントまで担っていただくポジションです。

  2. フィールドセールス・事業開発

    Monoxerを活用した課題解決のご提案や商談を行い、同時に顧客接点から見えてきた新たな課題の解決策を他職種のチームに提案いただくポジションです。

  3. カスタマーサクセス・事業開発(マネージャー候補)

    Monoxerを通じたお客様の課題解決の支援を行っていくカスタマーサクセス組織の拡大に伴い、組織の戦略設計・メンバーマネジメントを担っていただく方を募集します。

  4. カスタマーサクセス・事業開発

    Monoxerを導入いただいた法人のお客様に対して、より活用いただくための提案を行い、同時にプロダクトの機能開発・改善提案を行っていただくポジションです。

  5. カスタマーサクセス(企画・構築・運用担当)

    データ分析やレクチャーコンテンツの企画設計等、カスタマーサクセス業務における活動基盤の整備や、業務の運用設計を担っていただくポジションです。

  6. カスタマーサポート(マネージャー候補)

    ユーザー数の拡大に伴い、より強固なサポート体制を構築していくため、カスタマーサポート組織の立上げを担っていただける方を募集します。

  7. マーケター

    Monoxerを導入いただくためのリード獲得の戦略設計・企画から、実行推進全般を担っていただける方を募集します。

  8. シニアソフトウェアエンジニア

    Monoxer開発におけるテックリードとして、難易度の高い開発テーマを担当いただき、チームを牽引いただくポジションです。

  9. ソフトウェアエンジニア

    Monoxerの新機能開発や既存機能の改善など、プロダクト開発全般を担っていただくポジションです。特定の言語の経験は不問です。

  10. データエンジニア

    Monoxerに関わるデータ収集の基盤設計から分析、分析結果をもとにしたプロダクトの改善提案などをお任せします。

  11. QAエンジニア

    「ユーザーにとって使いやすいプロダクトになっているか、利用において不具合がないか」を検証しながら改善につなげ、プロダクトの品質を向上させていくことをお任せします。

  12. プロダクトマネージャー

    中長期的なプロダクト開発計画の策定や、エンジニア・デザイナー・カスタマーサクセス等、多様な職種と連携しながらの要件検討を担っていただける方を募集します。

  13. SRE

    今後さらにスケールしていくMonoxerにおいて、システムの安定性・信頼性を担保する重要度は日々増しています。この役割を担っていただくSREを募集します。

  14. CRE

    エンジニアの立場からカスタマーサクセスと協働して、顧客との信頼関係を確立し、サービスの利用を推進するCRE(カスタマーリライアビリティーエンジニア)を募集します。

  15. デザイナー(マネージャー候補)

    プロダクトデザインを担っていただきつつ、プロダクト組織の拡大に伴い、採用や育成も含めたデザイン組織の立ち上げ・リードをお任せします。

  16. UI/UXデザイナー

    Monoxerにおけるデザインの最も大切な役割はプロダクトの思想を適切に人々に届け、「全ての人」が扱いやすい誠実なユーザーインターフェースを設計することです。この役割を担っていただけるデザイナーを募集します。

  17. 採用人事

    モノグサでは事業拡大を加速させるため、採用を強化しています。共に採用活動を推進し、より素晴らしいチームづくりに携わっていただける方を募集します。

  18. オープンポジション

    特定の職種に限定せず、これまでのご経験とご意向に沿って幅広くポジションを検討させていただきます。まずはお気軽に面談などでお話しましょう。

Casual Meeting

まずは気軽に
社員と
話してみませんか?

選考に進むかどうか悩まれている方、具体的な仕事内容や会社の雰囲気を詳しく知りたいという方、
まずはぜひカジュアルにお話しましょう。

FAQ

よくあるご質問

そのほかのご質問がある方は、
お気軽に こちら からお送りください。

選考は、「応募→書類選考→面接(2~4回)→オファー」となっております。職種によっては選考の過程で技術面接やケース面接を実施させていただいております。 また、選考に進んでいただく前に、ご希望があればカジュアル面談も実施しております。

※選考の途中で、リファレンスチェックを実施しております。

※選考はオンラインで実施しており、最終面接のみ対面実施となっております。

※最終面接ではボードメンバーによる面接と合わせて、社内の雰囲気やカルチャーを知って頂く目的で、社内メンバーも含めたボードゲームにご参加いただいております。

はい、応募は可能です。事業や組織の状況は常に変化しておりますので、最新の状況は職種一覧の募集要件からご確認ください。

基本的には一つのポジションで選考に進んでいただきます。但し、選考の過程でお話をする中で、弊社側から他のポジションをご提案させていただくこともございます。エントリー職種に迷われる場合は、事前にカジュアル面談でお話させていただくことも可能です。

はい、正式な選考という場ではなく、カジュアルにお話させていただく面談も大歓迎です。オンライン・オフラインいずれの実施も可能ですので、ご興味がある方はカジュアル面談用のエントリーフォームからお申込みください。

勤務時間はコアタイム無しのフルフレックスです。個人の状況に合わせた柔軟な働き方を取り入れています。

リモートワークは個人の裁量で取得可能です。週1回の出社推奨日を設定しているチームもございます。

コミュニケーションツールは主にSlack、会議ではGoogleMeetやZOOMを活用しています。リモートワーク下であってもスムーズにコミュニケーションが取れる環境です。

はい、副業は可能です。業務内容の制限などは特にございません。

有給休暇は入社時に10日分付与され、その後毎年、勤続年数に応じた日数が付与されます。 完全週休二日制で、その他に年末年始休暇・慶弔休暇・産前産後休暇・介護休暇・ワクチン休暇がございます。

パフォーマンスに対する評価と、モノグサのバリューの体現度合いに対する価値観行動評価の2軸で評価を行っています。 半期ごと中間評価と期末評価を設けており、評価者からの一方的な評価で完結するのではなく、1on1での振り返りやサブ評価の仕組みの導入、評価のすり合わせ会議の実施等を行うことで、より個人の成長につながるフィードバックを行うようにしています。

モノグサでは職能型等級制度を取り入れており、個人のスキルに応じて等級が決定します。 等級ごとに給与レンジが定められており、そのレンジ内で年収の金額が決まります。 給与は年棒制で、年棒の12分の1を毎月支給致します。年2回の給与・等級見直しの機会が設定されています。

ストックオプションは個人の等級に応じて付与される場合がございます。

出身企業は様々です。ビジネス系の職種であればIT系メガベンチャー出身者もいれば、金融・メーカーなど非IT領域出身者も在籍しています。プロダクト系の職種も同様で、ソフトウェア開発以外の経験を持っているメンバーも複数人在籍しており、入社後に様々な知識を学び習得しながらパフォーマンスを発揮しております。

活躍社員の共通点は「モノグサのバリューを体現していること」です。

※モノグサのバリュー

「人類への奉仕」

「事業へのオーナーシップ」

「プロフェッショナリズムの体現」

「ものぐさで行こう」

特に、一つ目のバリューとして掲げている「人類への奉仕」に通じるような、本質的な課題解決を意識し、行動しているかどうかが共通点になると考えています。

FAQ FAQ FAQ FAQ FAQ FAQ FAQ

Career Information

Blog / SNS

Back To Top